スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

EV車のエコラン速度

先日から このBlogでもEV車のエコラン速度はどのくらいがよいの?
というような趣旨の 記事を書いたり、私の考えを書いていましたが

あの 国沢さんが 実際に日産リーフ開発者に 聞いたという
記事を見つけました。
以下参照
http://ecocar.asia/article/48148271.html

まあ全ては、正しいとは思っていませんが、約20km/h台とのこと。。

ふむ。大体私の考えと合致している。

そもそも、物理の問題だが 一定速度(加減速がない)の場合で
走行抵抗がない場合 使うエネルギーは0なのだ。
すなわち、ある程度まで加速したら ガソリンや電気は要らない。

だけど実際は、ガソリン車なんか 高速道路で一定スピードで走って
燃費良く走っても 20km/L でしょう?

すなわち、走行抵抗(転がり抵抗・勾配抵抗・空気抵抗)
の為に 燃料代を払っているわけですね。
この内、速度が40km以下で空気抵抗はかなり低く 無視しても良い
位なのだから あとは 転がり抵抗と勾配抵抗。
ここで、勾配は今は、ない平たいところと考えると
残りは、転がり抵抗だから この 転がり抵抗が クセ者なわけ。

これさえなければ自動車の燃費は飛躍的に延びる。

でも無くすことはできないのは 当たり前。
極力少なくすることはできる。

電気自動車の場合、駆動系が内燃機関の車に関し かなり
転がり抵抗は少ない。 だって トランスミッション類の
ギアがない。。
しかしながら i-MiEVやリーフには 固定減速器とデファレンシャル
ドライブシャフト等が未だあるのでここの抵抗分無くしたいね。

無くす方法はある。インホイールモータにすれば。。

三菱自なんかは、iベースで 試作とかで インホイールモータ
のEVを作ったと推測する。まさしく 名前の通りのi-MiEVを。。

その時の 電費なんかが 知りたいな~。ネットなんかで データ転がって
いないか?

Bye

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
リンク
QRコード
QR
カウンター
現在訪問者
現在の閲覧者数:
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。