スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MiEVのiは。

MiEVのiは イン ホイール モータ という意味で最初名付けたのはご存知?

でも今のミーブは、インホイールモータではない。
モータから 固定ギア→デファレンシャルギア→ハブというように

インホイールモータじゃないので 上記3つが(余計?)に必要。
よって、上記3つを動かさなくてはならないので 効率が落ちる。

じゃあなんで ミーブや日産リーフは、インホイールモータじゃないのか?

本当は名前の通りミーブは最初はインホイールモータで開発しようとした。
しかし、あまりにも ”量産” ということを考えると出来なかった。
というのがホントのところでしょう。

技術的にはできるのだけど。
今のところ安全性と信頼性に欠けるので(自信がないというのかな?)出来なかったのでしょう。

安全性:2つないしは4つのモータでそれぞれタイヤを直に回すので 何か回転に不具合があった
    場合、2つないしは4つが同期して回らないといけないが どれか1つがおかしくなった
    ら即、スピンしてしまう。(おかしくなっても スピンしないようなメカギアは付けられるが
    そうなるとインホイールモータの意味がなくなる。特にカーブ時に異変があると怖いね。

信頼性:やはりモータ自身がタイヤの内側にあるので 小さい埃や、水の浸入等があるので
    それを防御するには、それなりの防塵防水対策をしないとならない。これはかなりコスト
    が高くなりそう。

というような事情で採用されなかったのだろうと予測しています。

なので i-MiEVは本来ならば、インホイールモータの EVになるはずだったんだが
成れなかった車なのです。

うみゅーー。
三菱自は最近、電気自動車の電気を家庭の電源にするとかの研究をしているようだが、
もう少し、インホイールモータの研究の方に 心を傾けて欲しいと思っている。

なぜなら、電気自動車の電気を家庭に流すという分野は 電機業界では どっていうことない
技術だと思っているから。 自動車を作る会社は 自動車自身の研究に没頭して欲しい!!

bye

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
リンク
QRコード
QR
カウンター
現在訪問者
現在の閲覧者数:
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。