スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

i-MiEV 100V充電!







実家にて、先日買った100Vの充電ケーブルで充電してます。1時間充電で約9km増えますね。時間はかかるものの何処でも充電できるのでやはり便利です!

私の住んでいる相模原から実家のある西東京市(旧田無市)までは、片道約30km強で往復60km強となる。
通常だとTYPE Mでも実質航続距離が約95kmあるので満充電でも充分往復できるのですが、
本日は、行きに小平にある友人宅に寄り道、さらに実家に着いたらかなり冷えていたので
帰りは車の暖房が必要かな?とも思った。 実家に着いた時点での航続可能距離は、71km
を指していたので、自宅に戻る際に暖房入れて走ると約2/3~1/2程度の航続可能距離になるので
71kmが 47km~35.5km程度の航続可能距離となる。(これは、弱暖房でです)
片道30km程度なので 帰れるはずなのですが、どうもギリギリになってしまうので
精神安定上悪い。例えば、道を迂回したとか、暖房をもう少し強く入れたいとか思ったら
足りなくなる恐れもある。

なので、実家にて滞在時間が約3時間半程度でしたが 100V充電して少しでも
余裕代を増やしたかった。 結局 3時間半充電で 航続可能距離が 71km→98km
とほぼ満充電までできましたので 帰り道は、暖房もちゃんと入れて暖かくして
帰ってきました。

その時の暖房OFFにして車庫入れしてキーOFFする前のメータパネルは
こんな感じ
2012_0331_2.jpg

これから分かることは、約30km強を弱暖房で走ると だいたい 満充電の半分を費やす
よって、満充電で弱暖房だと60km程度の航続可能距離となる。
また、暖房を切れば まだ半分の容量があり 49km以上は軽く走れることになる。

すなわち、実家に着いた時点にて、半分以上の容量が残っていれば実家で充電しなくても
帰り道は暖房を入れたとしても帰ってくることができることが分かった。

まあ、今の 電気自動車は、常に航続可能距離を気にしながら走るので その心の余裕
ということで実家では1時間でも良いから 充電は今後もすると思いますが。。


兎に角、どこでも充電できる 100V充電ケーブル。お勧めします!!

Bye

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
リンク
QRコード
QR
カウンター
現在訪問者
現在の閲覧者数:
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。