スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

200V充電延長ケーブル

http://imiev.blog.fc2.com/blog-entry-37.html

の記事で書いた事を、少し説明すると、標準で付いてくる 充電ケーブルは5mなんですよね。
車を買うときに5mタイプと入れ替えで10mタイプに変更することもできるのですが
普段10mの太いケーブルを取り扱ったり、自動車に載せておくのは ちょっとと思って
標準の5mのにしました。

私の場合、I-MiEVは2nd Carです。そして、我が家の駐車場は土地が狭いので
並列駐車でなく、縦列で入れています。(なので出し入れがちょっと面倒ですけど)

そして充電コンセントは、駐車場の後ろ側に設置しました。(普段はミーブが後ろにあるので)
ところが、休日の土日になると どうもガソリン代の事やものめずらしさで ミーブばかり乗る
ので出し入れが面倒なので 1st Carを後ろに、2nd Carのミーブを前に置いて駐車してます。

よって、土曜日結構長距離乗ってさらに日曜日にも出かけたい時があるのですが、駐車場の前に
ミーブを置くと、コード5mでは 200V充電用コンセントから ミーブの普通充電口まで届きません。

なので、メーカ純正の10mの充電コードを買えばとなりますが、これが高いのですよ。
(制御器付きでないと売らないので)8万弱かな??
たかだか、3m~4m程度延長したいのに8万弱払うのも馬鹿馬鹿しいので 200V充電用
延長ケーブル作ってみたのが、最初に書いた記事です。

ところが、EVの充電は、電気知識がある程度ある人でないと危険が伴うので 取り説には
絶対に延長ケーブルでやるなと書いてあるし、事実、充電用のコネクタも一般では入手でき
ないようになっている。(あくまでも純正品でないと危険を伴うので)

で、私は、単純に延長ケーブル作ってみました。 以前の記事のコネクタだと オス側のプラグ
がΦ39mm以下でないと パナソニックの電源口には入らない。ここが ミソ で。。

形状はピッタリ一致はしないけれど Φ39mm以下で 200V 15A(3KW)に耐えうる オスプラグ
が必要になってきます。 ホームセンター等で探しましたが見つけられず。。

ネットで一生懸命検索したら、ありました。 ちょっと定格ぎりぎり ですが
250V 15A の Φ39mm以下のプラグ。。 (ヒントはアメリカン電機製ね)

で早速延長ケーブル自作してみた。そして綺麗にはまりましたし充電もOK!
これでやっと 土日にミーブを駐車場の前側に置いても充電できるようになりました。

それはこれ。
あまり詳しく分からないように写しています。
(詳しい人が見れば、何をどうしたかは分かるはず)
chg_code_1.jpg

chg_code_2.jpg




※ これは、メーカが「やるな」と言っているので事故が起きたら自己責任です
  また、誰かが真似してもし事故がおきても私は一切の責任をとりません。
  あくまでも自己責任ですよ。

※ 私のやり方は防水ではないので、雨の日や雨が降りそうな時は絶対に禁止です。

※ 延長コードは3芯で 1つのコードは3.5mm2以上(3SQ)の物を使っています。
  2mm2でも大丈夫だとは思いますが、安全を見込んでいます。

※ 延長ケーブルや標準充電ケーブルはトグロを巻くようにしてはいけません。
  巻いた状態だと熱を持つ可能性があるので 伸ばして使うのが常識です。


 
bye

コメントの投稿

非公開コメント

Sugar pie guy さん とは、初めてですかね? 何となく スクリーンネイムが気になりましたが。。

いずれにせよ、あまり為にはならない事ばかり書くと思いますが、今後共宜しくお願い致します。

今年、私もi-MiEV(M)のオーナーになりました。
色々と参考にさせていただきます。
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
カウンター
現在訪問者
現在の閲覧者数:
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。