スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PHVはHVより燃費がホントによいの??

とあるBLOGにて議論になっているのだけど。。

昨今、PHV(プラグインハイブリッド車)が 燃費61km/L だとかいって
世間を騒がせている。
しかしだ、この 数字61km/Lは、私から言わせれば ”嘘”なのだ。

普通に考えても Aというハイブリッド車があったとしよう。
このA車をベースにPHV化したなら 当然 電池、モータ、補器類が
大きくなる。 すなわち 重くなるわけ。 なので ガソリンのみで走って
いる限りでは ベースのA車より燃費は悪くなる。

とある方から指摘があり。素で間違いました。
申し訳ない。
以下に書いた計算は 当方管理人が JC08と 以前の10・15モードの記憶
が、ゴッチャになって間違った計算をしましたので
本記事中の全ての 計算を取り消します。

じゃあ、EVモードでどのくらい走れるの? カタログ値では 25~26kmだから
実質は 15~20km程度だろう。それに急坂を登るとかなったら ほとんど EV
モードでは走れる距離は無い。。

よって、中、長距離を基準で考えると ベースとなったEVの A車の方が
航続可能距離は 長いはずだ。(燃費が良いということ)

私と同じ考えがここに書いてります。参照してください。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1476476169

要は、PHVの燃費計算が、なんだか 実態に合っていないというか おかしい。
そもそも 電気代をガソリン換算をしていないのもおかしい。

ちょっと計算をすると

今。とあるHVと PHVの諸元を見て下記のようにします。

HVの燃費35.5km/L
PHVのHV走行時の燃費 30.8km/L
PHVの充電容量は3KWで 24.4km(8.08km/Kwh)

電気料金は 1Kw=24円 (従量の昼間の電気代)
ガソリンは1L=140円

とします。

じゃあ まず、全走行50kmと短距離を考える
PHVがEVモードをフルに使って50km走るのに必要な金額は

3*24=72円 50-24.4=25.6km 25.6/30.8*140=116.4円
72+116.4=188.4円

次に
HVが50km走るのに必要な金額は
50/35.5*140=197.2円

50kmではPHVが 10円得になります。

次に 損益分岐点(距離)は どこになるかというと

72+((X-24.4)/30.8)*140 = (X/35.5)*140
X=64km

すなわち64km以上走ると HVの方がお得なわけです。

となります。
よって、走行64kmまでがPHVが有利で そこから先はどんどん
HVが有利になっていきます。

因みに ここ相模原と秋葉原片道50kmの往復は約100kmです。

それを 1回のフル充電のPHVとHV で走ったら

PHVは 約 416円
HVだと 約 394円

となりハイブリッド車の方が 22円お得なんですね~。

ね PHVって お得じゃないでしょ?


まあ 20km毎に充電すれば別ですが。。。
20km毎に充電しますかあなたは??
さらにですよ、電気の充電効率も考えていないし HVとPHVの価格差も考慮していくと。。。

なので、 PHVが 60km/L なんていう表示がおかしいと思っています。


で結論からいうと

とあるメーカのPHVはベース車両のHVよりも HVモードと同等もしくはややよい
レベルです。
なので、約100万円の差額が 埋められるならば PHVの方がややお得になります。

※ ただ話は戻り、 燃費61km/L という 表示自身は PHVでの JC08モード
  には問題がるようには思っています。 1回充電にてHVに比べてあたかも
  倍の燃費になるように 受け取れるように感じます。 これはメーカが悪い
  訳ではなく PHVでの JC08モード 算出法に問題がると思っています。


なお、ベース車のPHVが HVを上回る 理由は 電池を変えたというお話ですが
そうなると単純なベース車との比較ができなくなるので この記事の意味もなくなりました。

よって、間違った部分の本記事は 矛盾だらけなので削除(元記事が分からなくなるので
削除線)しました。 

関係各位には申し分けない記事をUP致しました。

管理人
スポンサーサイト

TOYOTA RAV4 EV

トヨタのRAV4 EV が米国で 発売されるそうで。。

ところがスペックがやけに低い。。
電池容量は リーフの2倍 I-MIEVの3~4倍なのに 航続可能距離は160km
電池が 汎用の18650らしい。。

うみゅーーー。あまりやる気がないようで。。 充電規格も日本のものとは違うとのこと。。

プリウスを国内で売りたいから 未だ本格的にEVに始動しないのか??
企業戦略??

anyway
世界のTOYOYAになったんだから もう少し 気合を入れてEVを考えて欲しいと
管理人の私は 思う。
bye

昨日 日産リーフに乗りました

昨日、友人の日産リーフに乗りました。

20120421_1.jpg

うみゅーーー。
ミーブとの大きな違い。
1、いかにも乗用車ですね。明らかに、外部から入ってくるノイズはミーブより
  小さく、静か。
2、重量感が当然ありますが、それが安定感をもたらせているように感じます。

そんなところかな?
初めて知ったんだが、日産リーフは 普通の200V充電でも80%充電にしておく方が
電池には優しいので 取り扱い説明書には推奨しているように記している と聞きました。

これが間違いではなければ、へ~ を 3つくらい。。。

うむーー。ミーブの Gグレードと同じセルの電池なんだが。。
充電による劣化を日産はかなり怖れているのかな??
(ミーブのMグレードは東芝製の違うタイプの電池です)

bye


i-MiEV プロトタイプでパイクスピーク!!

標題のごとく、三菱自の電気自動車 i-MiEV プロトタイプで
あの。あのですよ 
米国コロラド州で開催される伝統のイベント
パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライム
に出るそうです。
モータスポーツに理解のある 三菱自。。
EVに本気モードを感じる。。 
どんどん やって欲しい!!
現在のEVに何だかんだという人に
見せつけるような成績を残して欲しい。 

ソース記事はここ
http://ameblo.jp/ev-life/entry-11180631675.html

因みに
パイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライム
とは あのモンスター田嶋さんとかが出場しているやつですよ。

過去の動画は
http://youtu.be/VafUiWtjH-Q

bye 

三菱の電気自動車、「最もエコな車」に認定

米国エネルギー効率経済協議会(ACEEE)によって、三菱自動車の『i-MiEV』が、
『リーフ』や『プリウス』をおさえて最もエコな車に認定された。
そうな。 i-MiEV乗りとしては嬉しいですね。

http://wired.jp/2012/02/09/mitsubishis-ev-tops-greenest-car-rankings/

まあもっと頑張って欲しいところは多数ですが。。今後にも期待しましょう!

bye
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
カウンター
現在訪問者
現在の閲覧者数:
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。