スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

急坂 電費を再度計測

以前の記事
http://imiev.blog.fc2.com/blog-date-201112-6.html

で厳道峠の話をしましたが、先週再度行ってきたので
急坂登り 電費と回生率をリポートします。
(暖かくなってきたので、違いがあるか? 前回は12月)

dousi_01.jpg


まずは、登り口で トリップメータを 0リセットしました。
そしてその時の 航続可能距離は 101 km

dousi_00B.jpg


dousi_00.jpg


そして 、厳道峠を登る(平均斜度 15%程度といわれるかなりの急坂)

dousi_02.jpg

dousi_03.jpg

峠到着

dousi_04.jpg

峠までは 距離 2.1km で 航続可能距離は 86kmなので

dousi_06.jpg


dousi_05.jpg

ここまで走ってきた 直近20km程度の電費の 簡易計算で 約7倍
(101-86)/2.1= 15/2.1 = 7.14 倍

という結果です。
 ひえーーー  平均斜度15%だと 120km走れるとしても 1/7なので 120/7=17km程度しか
 走れないことになりますね。まあ 箱根ターンパイクでも 平均斜度はこんなにありませんので
 ここまで悪くなりません。 普通の峠でしたらここまで悪くならないので これは、最悪値と
 考えておいてよいと思います。

P.S.
でもご安心ください。ここからは下りなので どんどん 燃料が増えます(回生で充電されたという意味)
峠を降りたら、元どうりには回復しませんが
ここまで増えました。
dousi_07.jpg

101 → 86 → 96 となったわけだから 15使って10 回復したと簡易的に考えると
数字的には 2/3 回生させたのかな? あくまでも 電気量でなく 航続可能距離から
出した値なので だいぶ ズレはあると思いますが、少なくとも半分は回生させたと思います。
(メモリ的にも2メモリ使って1メモリ回復したから)

よって、山などを登って元に戻ってきたとすると少なくとも 登りエネルギーの半分程度は
回生させることができると認識して良いかも? 

bye
スポンサーサイト

ここ最近

ここ最近、神奈川の方はだいぶ暖かくなってきました。
思っていたとおり 冬場は TYPE Mの場合結構燃費運転して
満充電にしても 航続可能距離が94km程度まで下がりましたが
最近は、100kmを越える値を出しますね。

要は、暖かくなってきたら バッテリーが調子良くなってきたみたいです。

急速充電し過ぎて、バッテリー少し劣化させたかな?と思って
いましたが、冬場の寒さでのバッテリー容量低下と油脂類の
粘度が上がってしまうことだったのだと思います。

EV乗りの皆さんは、いかがですかね?

※ 夏場は今度は高熱になっていくのと冷房を入れると思いますので
  7月~8月はまた少し悪くなるかな?

今後どのようになっていくか 経過をみていきます!!

bye

「連続して運転」と「週間で時々運転」 の航続距離&充電マナー

i-MiEV買って 約半年経ちましたが、最近あることに気がついたような。。
あくまでも ”ような” なんですが。。。

例えば、満充電にして 1日で殆んど カラになるくらい走った時と
満充電で 1週間のうちで 1日おき位にのって 1週間後に カラ
になるくらい 走った時の電費 って 航続距離にして10km弱違うような気がする。
要は、一気に走りきった方が。電費が良いみたいですね。

これは、一気に走るほうが、止まったり 走ったりする頻度が少ない
という訳ではなく、多分ですが、走っていない時(夜中に家に駐車している時
とかという意味)に少なからず 放電していくのではないか? と思っている。

それと、これもかなり多分なんですが、一昼夜置いたりして じゃあ今日走るか
というような時にはデフオイルやハブのところのグリースが最初は硬く粘度があり
転がり抵抗が多く、走っていくうちにオイルやグリースや軟化して転がり抵抗が少なく
なるのでは?? と思っている。

なぜこのように感じるかというと
まず、
タイプMのように 電池容量があまりなく電費計がGグレードと同じだから(目盛りが同じ)
1目盛りあたりがかなり電費に敏感な訳ですよ。
それでもって、1日の内の走り始めの時の目盛りの減る早さが、だいぶ走った時より
早く感じるというか実際に早いのですよね。

今日なんかは、残り目盛り3目盛りで残航続可能距離が18km位でしたが、約3km走ったところで
目盛り1つ減りさらに航続可能距離が 10km程度となった。そして 警告の為 電費目盛り
が点滅状態に。。
要は、航続可能距離が計算上8kmのところを、全く平坦でECO運転しても3kmしか走れなかった
ということと同じ。

今日、三菱自に寄ってから 神奈川県相模原市橋本近くにある ショッピングモール内の
急速充電(無料)に行こうと思っていたけれど、急遽、充電を先にしないと 電欠起こしそう
なので、先に、急速充電することにした。
で、行ってみたら、なんとなく予感がしていたのだけど、日産リーフが、先に止まっていて充電中。
それも人が乗っていなく 85%充電ではなく さらにそこから2回目充電しているらしく
急速充電器は98%を指していた。

ここで言いたい。。 公共の無料スポットで車から離れて2回目の充電することは
止めてもらいたい。
特に日産リーフ!! リーフを80や85%から急速充電器で満充電にするには、
80%超えると ゆっくり普通充電並みになるので要は1時間近くは、占領充電
していることになる。その場合はせめて 乗っていて欲しい。 後から 充電
したい人が来ることを充分認識するべきと思う。(携帯連絡だけじゃ充電待ち
が来たか分からないでしょ!)
それと、日産リーフならば 80~85%充電すれば結構走れるので 満充電にしなくても
良いと思うのだが。。
要は、私は85%充電で15分程度しか掛からないのに、日産リーフの満充電の為に
長時間待っているのは どうも許せない。
まあ、リーフの場合、待って20分程度かな?
どうせ カラカラでなくそこから 80~85%の急速充電だから。。

これから、このような マナーを作るべきか もしくは 急速充電器でも 85%以上
はいくら挿し直しても充電できないようにすべきかもね。(実際、そういう急速充電器も
ある)

で、話は戻り
結局、残り1目盛りになって 電費計点滅状態で日産リーフの充電者をイライラ
しながら待っている時に写した写真がこれ。
(この状態じゃ、他の充電場所に移動して動く勇気がでない)

2012_0325_1.jpg

我が i-MiEVの電費計 点滅なので ”滅”の時に シャッターきれたみたい。

bye

電費と燃費

えーーと今回は i-MiEV TYPE Mの 燃費ならぬ電費について
考えてみる。

比較は一般ガソリン軽自動車で 燃費は 25km/L 程度のものと比べてみる。

で走行距離は、 400km/月 と仮定。

では、ガソリン軽自動車だと
400/25=16L すなわち 400km走るのに ガソリン 16L 必要。
現在 ガソリン価格を 135円とすると 16×135 = 2160円

次、 i-MiEVの場合 満充電で約100kmと今のところ表示
でその時の 電池容量は 10.5kWh

よって、400km走るのに 42kWh 必要となる。(ロスとかは今のところ考えない)

で我が家は深夜電力割引とか入っていない 一般の 従量電灯Bの 50A契約。

1kwhは 一応 24円計算にしておく
そうすると 24.13×42 = 約1013円 となる。

1013/2160=0.47 約半分以下となる。

そうなると、ガソリン自動車で 50km/Lのものが出てくると
同等となる訳か。。。


しかし~。
電気代の計算のとこで工夫したとする。

まず、先ほどは限りなく 第3段階料金と電気代の高い
ところで試算したが 仮に 第一段階の
約18円で計算すると
17.87×42= 約751円 約 1/3に。。

さらにだ 深夜電力 ナイト8でやったとすると
9.17×42= 約385円  約 1/5 以下に。。

もし1/5だとすると ガソリン車だと 125km/L の燃費
と同等となる。。


むふふ。やはり EVはガソリン車より 悪くみても
半分、よい方をみると 1/5 位に。。

もっというと比較車が 25km/L のガソリン車としたが
この 25km/L をコンスタントに出せる車はどれだけあるか??

そうそう、プラグイン ハイブリッド車が 50km/L 走る
とかいう記事を見たが、それは どこにも 充電する電気代が
プラスされていない。。 それはおかしいだろう??
だってプラグインハイブリッドは、充電式のハイブリッド
なんだから 充電分の電気代もなんかしらの計算で換算しないと。。
50km/L という表示方法は、おかしいぞ! 




--- 参考として東京電力の従量電灯B 電気代は

最初の120kWhまで(第1段階料金)

1kWhにつき 17円87銭

120kWhをこえ300kWhまで(第2段階料金)

1kWhにつき 22円86銭

上記超過(第3段階料金)

1kWhにつき 24円13銭
---------------------------------


ナイト8は

昼間時間

最初の90kWhまで(第1段階料金)

1kWhにつき 21円87銭


90kWhをこえ230kWhまで(第2段階料金)

1kWhにつき 28円07銭


上記超過(第3段階料金)

1kWhにつき 29円64銭


夜間時間

1kWhにつき 9円17銭
ー---------------------


Bye

検索フォーム
リンク
QRコード
QR
カウンター
現在訪問者
現在の閲覧者数:
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。